前へ
次へ

中国語の学習はマストになる

中国の人口は約13億人ですから、中国語が喋れるだけで様々なメリットを生むのは理解できるでしょう。今、学習する為の語学留学先としても人気を集めています。海外に在住する日本人の数も都市別にチェックしてみれば、英語圏に続いて人気のエリアです。これまでは、ビジネスパーソンが赴任することになれば、家族は日本に残ることが一般的でした。今は、語学を習得したい目的もあってか、その家族も一緒に暮らすケースが圧倒的に増えているといいます。そうしたことから、日本語学校も開校されていますし、生徒数も増加傾向にあります。幼い頃から、日本語と中国語を話せることは、学習次第ですが、将来性に広がりがでます。中国からの労働者も増えているようで、今後、中国語を話せる人材が必要になることは容易にイメージできます。だからこそ、今が始めるにはベストなタイミングなのでしょう。とある商事では、中国語の習得を目的に若手の社員派遣制度を採用しています。このように、就活での教育用としてもマストになっているのは確かで、今後、英語に続き、優先して勉強しなければならないことになるでしょう。

Page Top